1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の薄毛対策>
  3. 喫煙も薄毛の原因の1つです。喫煙による薄毛への影響についてご紹介...

女性の薄毛対策喫煙も薄毛の原因の1つです。喫煙による薄毛への影響についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喫煙者は要注意。喫煙も薄毛の原因になります

喫煙者は要注意。喫煙も薄毛の原因になります。

働き盛りの三十代、四十代にもなってくると、ストレス解消や集中力を保つために喫煙する人も増えてきます。そして、同時に段々と増えるのが薄毛の悩み。今、髪がふさふさの方のなかには「薄毛対策など自分には関係ない」と思っている方もいるかもしれませんが、喫煙者の方はまるっきり部外者というわけではありません。実は喫煙者の方は、薄毛の危険に晒されています。今回は、喫煙と薄毛の関係、そしてその対策についてご紹介します

薄毛の原因は大きく分けて4つ

薄毛の原因は、一般的に以下の4つの説があります。


皮脂が多い
皮脂が多いと毛穴が詰まり、髪の成長を阻害します。
男性ホルモンが多い
男性ホルモンは毛の成長を抑制するタンパク質を作ってしまうため、男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすくなります。
血行が悪い
血行が悪いと毛髪の先まで栄養が行き届かないため、髪が成長せず抜けやすくなります。
頭皮が緊張している
頭皮のコリや緊張によって頭皮の毛細血管が圧迫されるため、毛髪の成長が妨げられます。

なお女性の場合はホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが減少した結果、男性ホルモンの作用が大きくなり薄毛が進行することがあります。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

喫煙の髪への悪影響は多岐にわたります

喫煙の髪への悪影響は多岐にわたります。

では、喫煙はどんな要因によって薄毛を誘発するのでしょうか?

まず1つは、喫煙は血行を悪くする働きがあることです。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるため、毛髪の成長が抑制され、抜け毛が増えてしまいます。また、喫煙をすると老化を促進する活性酵素が増加します。活性酵素は髪の毛を生成する毛母細胞も老化させるので、髪の生成力が落ち薄毛になります。

最後に喫煙は、悪玉コレステロールの増加にもつながります。悪玉コレステロールが増えると体内ではタウリンを生成しますが、タウリンは髪の生成に必要なアミノ酸を消費してしまうため、育毛に回す栄養素が不足します。結果、栄養不足で薄毛につながるのです。

まずは喫煙を止めましょう。難しい場合はカウンセリングも

以上のように、喫煙はいろいろな要因で薄毛・抜け毛を促進させてしまいます。薄毛・抜け毛に悩まされている方は、まず喫煙をやめた方がいいでしょう

ですが、タバコを止めるということはストレスにつながりますし、ストレスによる自律神経のバランスの乱れで血行が悪くなると薄毛・抜け毛につながってしまいます。タバコを止めること自体が大変なストレスになる場合は、禁煙外来などで相談してみてもいいでしょう。

いかがでしたか?健康的な頭皮・毛髪のためにも、喫煙は出来る限り控えたいものですね。

この記事の監修医師

東京ビューティークリニック 統括診療部長麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
東京ビューティークリニック ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧