1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の抜け毛の原因>
  3. 抜け毛の原因(産後・出産、病気、体質)

女性の抜け毛の原因抜け毛の原因(産後・出産、病気、体質)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抜け毛の原因について

抜け毛の原因について

女性の抜け毛は男性の抜け毛とはタイプが違い、誰にでも起こる可能性があります。今まさに抜け毛で悩んでいる人も、まだ自分は大丈夫だと思っている人も、女性の抜け毛の原因を探ってみましょう。人によって原因が様々ですが、自分の症状と原因を知ることで的確な対策方法が見つかります。

出産後の抜け毛

出産後の抜け毛

産後の抜け毛は「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれ、出産後の女性の約7割が経験していると言われています。
出産後は女性の身体の変化が影響している抜け毛であることがほとんどですので、安心してください。では、なぜ産後に髪の毛がごっそりと抜けてしまうのかと言うと、女性ホルモンが主な原因です。通常、髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていくものですが、妊娠中に女性ホルモンが増えることによって髪の毛が抜けにくくなります。髪の毛だけではなく体毛も毛深くなってしまう妊婦さんもいるほどです。そして出産を終えて女性ホルモンが急激に減少していくことで、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜けてしまうのです。産後の抜け毛については、次の髪の毛が生えてくるまでの休みの時期に入ることで、一時的に髪の毛が薄くなってしまいます。この時期の2~3ヶ月を過ぎればだんだんと元のヘアサイクルに戻っていき、毛が生え始めて毛量も改善されていきます。このタイプの抜け毛は産後どのくらいで起こるかということは、女性ホルモンの分泌量や生活習慣などで個人差がありますが、一般的には出産後すぐから抜け毛が見られ、産後6ヶ月~1年ほどで元に戻ることが多いようです。
骨盤は出産によって広がり、緩んでしまったまま固定されてしまうと、ゆがみが生じてしまうことがあります。骨盤がゆがむと子宮が圧迫されて血流が悪くなり、卵巣に充分な栄養が届きません。そのため、卵巣で作っている女性ホルモンの生成が間に合わなくなることも原因の1つと言えるでしょう。
女性ホルモンとは別に産後の抜け毛として考えられるのは慣れない子育て、赤ちゃんのお世話による睡眠不足、食事を取る時間が無いなどのストレスや生活習慣の乱れも抜け毛に影響します。
そもそもなぜストレスが抜け毛の原因になるかと言うと、強いストレスや毎日のように溜め込んでいるストレスが血流を悪くしてしまうためです。髪の毛に必要な酸素は血液によって運ばれていきますが、血行が悪くなると栄養や酸素が不足し髪の毛を作る細胞がダメージを受け、今生えている髪の毛の成長がストップして抜け落ち、新しい髪の毛が作られなくなります。これがストレスが原因による抜け毛の仕組みです。出産でホルモンバランスが乱れ、育児のストレス、髪の毛が抜けることを気にしてストレスを感じることで、また新しい抜け毛の原因になってしまう・・・というのが最悪のサイクルです。
産後ダイエットも抜け毛の原因になります。産後に限らずダイエットで栄養が不足すると髪の毛も十分に育つことが出来ません。母乳育児の場合は、赤ちゃんの分までバランスの良い栄養を摂ることが大切です。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

病気が原因で抜け毛が増えることも?!

病気が原因で抜け毛が増えることも?!

出産以外による抜け毛の原因では、病気が潜んでいる場合もあります。
少しずつではなく急に抜け毛が増えたと感じるときには、体内に何かしらの変化が起こっていることが少なくありません。そんな時に疑うべき「病気」についても考えてみましょう。
のどの奥にある甲状腺ホルモンに何らかの異常が起こると急に抜け毛が進んでしまいます。これは圧倒的に女性に多く見られる「甲状腺機能」が原因の可能性もあります。甲状腺ホルモンは細胞レベルで身体の成長をサポートするもので、この機能が低下すると抜け毛だけではなく、白髪・疲労感・体重増加・顔のむくみなど女性にとってはつらい症状ばかりです。部分的に薄くなる円形脱毛症も見られます。
無理なダイエットなどによる栄養障害、鉄欠乏症貧血によって髪の毛の材料が減少することでも抜け毛が進みます。血流が悪くなり全身に血液が行き渡らないため頭皮の血行も悪くなり、冷えて固くなります。毛髪のトラブル以外にも皮膚がカサカサになる、爪が欠ける、月経が止まるなどが栄養不足によって起こります。徐々に抜け毛が進行し、髪全体が薄くなっていくので気がつきにくいタイプです。 頭皮の病気、トラブルによっても脱毛は起こります。この場合は目に見えたり触った感触などで自覚ができるでしょう。頭皮の皮膚炎に伴う脱毛です。 そして薬を服用していて急に脱毛が進んだという人は主治医の先生に相談をしてみましょう。薬剤の副作用による脱毛症かもしれません。

ホルモンバランスの乱れやアレルギーによる抜け毛

ホルモンバランスの乱れやアレルギーによる抜け毛

遺伝や体質によって発症する薄毛や抜け毛もあり、それを「体質的脱毛症」と呼びます。
女性に多い冷え性や低体温は血管の収縮や血流を悪くするため抜け毛の原因になります。冷え性は更年期障害や生理不順などにも影響があり、ホルモンバランスを乱します。また、慢性的に肩や首がこっている場合は頭皮への血流を悪くしてしまいます。そのほか、気にすることがストレスとなると、ホルモンバランスの乱れや自律神経失調などの要因にもなり、これもまた抜け毛の原因になります。
そして、アレルギーを持っている体質の女性は抜け毛を起こす可能性が高くなります。アレルギーは身体にできた抗体がアレルギー物質に反応して起こる症状のことで、本来ならば身体を守る免疫が敏感に反応してしまうことでトラブルが起こります。アレルギーが原因による皮膚の疾患が抜け毛を引き起こしてしまうことは充分に考えられるのです。
特に金属にアレルギーを持っている人は要注意。くしゃみや鼻水、湿疹などの症状が出るのはそれぞれの体質によっても変わりますが、頭皮の状態にも注意が必要になります。どの金属に反応するかは人によって違いますが、起こりやすいと言われているのがニッケル・コバルト・水銀・パラジウムなどです。アクセサリーなどで使われる金やプラチナなどは比較的アレルギーは起こしにくいと言われています。歯に金属の詰め物をしている場合は素材にアレルギー反応を起こす金属を使っている場合があり、知らないうちに発症していることもあります。金属アレルギーの疑いがある場合には、一度問題が無いか医師に確認してもらいましょう。
ハウスダストやペットなどのアレルギーによって湿疹やかゆみなどの皮膚疾患が起こる人は、患部を掻いてしまうと炎症を起こしてしまいます。このような症状が頭皮にも起これば当然抜け毛の原因にもなりますよね。 アレルギーの疑いがある人は頭皮が赤くなったりかゆみが出ていないかを気にしてみてください。自覚しているアレルギー物質以外にも反応があるものがあるかもしれません。早めに気がつくことで素早い対処が出来るようになります。頭皮の状態に気を配ってサインを見逃さないようにしましょう。

この記事の監修医師

東京ビューティークリニック 統括診療部長麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
東京ビューティークリニック ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の抜け毛の原因の記事一覧