1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の育毛ケア>
  3. 夏に欠かせないクーラーやエアコンと育毛

女性の育毛ケア夏に欠かせないクーラーやエアコンと育毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クーラーが育毛の敵に?

クーラーが育毛の敵に?

現在は一昔前とは異なり、空調がきいたオフィスが一般的になりました。

地球温暖化が進んでいることや熱中症の心配があることなどから、夏にはクーラーやエアコンのついている室内で当たり前のように過ごす現代人ばかりです。

電車に乗ってもショップやカフェに入ってもクーラーがついていますが、クーラーが育毛の邪魔をしたり頭皮に悪影響を与えることはあまり知られていません。

クーラーがついている室内は空気が乾燥しますので、皮膚が保有する水分量が減ってしまうことも頭皮の健康のさまたげとなります。

理想の湿度は60~65%

汗をいっぱいかいてクーラーの効いた室内に入ると、涼むことができてとても快適です。

しかし、分泌されていた毛穴の皮脂が、涼しい空気によって急激に乾いて固まりやすくなると、血行が悪化して育毛しにくい頭皮環境を作ります。

クーラーがついている室内は、50%未満の湿度になっていることが珍しくありません。乾燥は皮膚の大敵で、本来であれば60~65%の湿度は欲しいところです。

湿度が頭皮に与える影響は大きく、65%あった部屋が50%にまで下降した場合、肌の水分保有量は約50%にまで落ちてしまいます。

クーラーを効かせ過ぎると、髪の生成を邪魔してしまいます。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

クーラーをつけても育毛しよう

熱中症になる危険性もあることなどから、夏にクーラーをつけないでいることは困難でしょう。 クーラーで涼みながら育毛も続けるためには、どんな対処法を実践すればいいのでしょうか。

扇風機を活用する、温度設定を高めにする、風の強さの設定を弱めにする、加湿器を併用するなどいろいろあります。

クーラーから出てきた風が頭皮に直接触れないよう、調整することも大切です。

体を冷やすことは血行が悪くなり、頭皮に髪の元となる栄養素が運ばれにくくなりますから、足元を保温するようにして体が冷えてしまわないように工夫することも効果的です。

扇風機を活用しよう

扇風機を活用しよう

自宅でクーラーをつけるとついついそのままで何時間も過ごしてしまいますが、ときどき消して窓を開け換気をするように心がければキレイな空気が入ってきますし、皮膚もひと休みすることができます。

空気を入れ替えない室内に長時間いると体によくありませんし、体を芯から冷やしてしまうことは育毛だけでなくさまざまな体のトラブルを招きます。

スイッチをオフにしたら、室内に溜まっているクーラーの冷気を扇風機で回せば、しばらくは十分に涼しい状態が続きます。

頭皮のことを考え、クリニックでケアすることもおすすめです。

髪に影響があることを踏まえながら、これからはクーラーと上手につき合っていくようにしてみてください。

この記事の監修医師

東京ビューティークリニック 統括診療部長麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
東京ビューティークリニック ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の育毛ケアの記事一覧