女性の薄毛に関するQ&A

その他一般的な質問

QFAGAってなんですか?

Answerドクターからの回答
FAGAとは、「Female(女性の)AGA」(女性男性型脱毛症)のことです。AGA(男性型脱毛症)は男性に起こる進行性の脱毛症のことを示すのに対し、FAGAは文字通り、女性に起こる脱毛・薄毛のことを示します。

FAGAで現れる主な初期症状としては、分け目が広がったように感じたり、抜け毛が増えたりします。一見して分かりにくい症状から始まるので、初期症状の段階ではFAGAだと気がつかないことがほとんどです。

症状が進んでいくにつれ、髪が全体的に薄くなったように感じることが多いようです。さらに進行すると、頭頂部から脱毛していく範囲が徐々に広がっていきます。男性の場合、額の生え際や頭頂部のどちらか、もしくは両方の髪が薄くなるという症状から始まるので、AGAとは症状の出方が若干異なります。女性の場合、頭頂部もしくは全体的に均一に抜けていくことが多いのが特徴です。

FAGAのメカニズムとは

人間の毛根には、毛母細胞があります。毛母細胞は、毛乳頭という部分からの指令を受け、血液からの栄養素の受け取る役割を果たしています。FAGAの場合、毛乳頭にあるレセプターというたんぱく質が、ジヒドロテストステロン(DHT)と結合することで起こります。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは、男性ホルモンであるテストステロンが変性したものです。女性の身体にも存在するテストステロンは変性さえしなければ、毛髪に悪影響を及ぼすことはありません。男性の場合、頭頂部や額の生え際に多く、女性は頭皮全体に存在する5αリダクターゼ酵素とよばれる酵素が、テストステロンの変性の原因なのです。

テストステロンが変性し、ジヒドロテストステロン(DHT)になると、本来は毛髪の成長をうながすはずの毛母細胞に「毛の成長を止めろ」という誤った指令を出してしまいます。そのため、頭皮全体の毛髪が抜けていくFAGAが進行してしまうメカニズムになっているのです。

FAGAの原因とは

主な原因としては、加齢による女性ホルモンの減少が指摘されています。そもそも、女性ホルモンのエストロゲンが正常に分泌されている場合、男性ホルモンであるテストステロンが毛髪に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。しかし、早い人の場合、35歳前後でエストロゲンの分泌量が減少するので、今まで影響を及ばさなかったテストステロンの働きが強まってしまうのです。

加齢の影響に加えて、遺伝的な要因も指摘されています。すべての女性が加齢に伴って脱毛するわけではないのは、ジヒドロテストステロン(DHT)を受け入れるレセプターがあるか、ないかによるといわれています。現在も研究段階でありますが、レセプターの有無は遺伝的要因に左右される場合が多いため、FAGAは母から娘に遺伝するケースがみられます。

FAGAを防ぐために

FAGAを防ぐためには、女性ホルモンであるエストロゲンを体外から摂取するとよいでしょう。エストロゲンを増やす性質のある大豆が含まれた食事を取るのがおすすめです。また、毛髪はケラチンと呼ばれるたんぱく質が主原料となっています。大豆を含めた植物性たんぱく質や肉や魚介類に含まれる動物性たんぱく質を摂取するのも効果的です。また、ケラチンの合成には、亜鉛を欠かすことができません。牡蠣、ごま、アーモンドなどに含まれているので、たんぱく質と合わせて亜鉛を摂取するようにするとよいでしょう。

食べ物から摂取された栄養素は血液を通して、毛乳頭から毛母細胞に運ばれていきます。そのため、頭皮の血流を悪くしないことも大切です。たばこは血管を収縮させるので、頭皮の血流を減少させてしまいます。意外な原因としては、頭部の血流を阻害する肩こりや首こりも、毛髪の成長を妨げて、毛周期の乱れの元になってしまいます。

女性ホルモンや自律神経の乱れも、毛髪の成長の妨げになる原因のひとつです。エストロゲンと同じ女性ホルモンの1種であるプロゲステロンに働きかける経口避妊薬を急に中止した場合、ストレスや不眠もよくありません。特に睡眠時には、成長ホルモンであるメラトニンが多く分泌されています。毛髪の成長を促進し、毛母細胞に栄養を効率よく運ぶことができるので、できれば22時~深夜2時の間に熟睡していることが大切です。

7,000円から始める女性のための薄毛治療
お得な情報
東京ビューティークリニック 大阪 心斎橋院 開院キャンペーン
頭皮検査実例の写真

無料で頭皮の健康状態を
Checkしませんか?

マイクロスコープ診断を予約する