女性の薄毛に関するQ&A

  1. 薄毛・女性薄毛のトップ>
  2. 初めての方へ>
  3. 女性の薄毛に関するQ&A>
  4. 最近髪のハリやコシがなくなってきました。薄毛になりますか?

治療前によくあるお悩み

Q最近髪のハリやコシがなくなってきました。薄毛になりますか?

Answerドクターからの回答
髪のハリやコシがなくなると、髪がペタンとして、ボリューム感が出なくなります。これは髪が細くなったり、キューティクルがはがれていたりすることを示します。髪のハリやコシがなくなる原因は、毛母細胞そのものが弱っていることが挙げられます。栄養不足や血行不良が原因で、髪にハリやコシがなくなることもあります。髪を育てる機能そのものが衰えていると考えられるので、早めに薄毛対策をするのがよいでしょう。

ハリやコシを取り戻す対策法は?

頭皮の血行不良は、髪に栄養が行き渡らない原因のひとつです。頭皮が柔らかいほど、髪の毛のハリが戻りやすいので、マッサージするようにしましょう。しかし、あまりにも頭皮に強い刺激を与えるのは逆効果です。指の腹を使いながら、ゆっくりとしたリズムでマッサージするようにしましょう。頭皮全体だけではなく、血行を良くするために首や肩を同時にマッサージしてあげるのも髪によいことです。美容院で髪や首のマッサージをしてもらえることが多いのも、頭皮に血液を行き渡らせるためでしょう。

また、意外と髪は紫外線のダメージを受けやすい傾向があります。キューティクルがはがれてしまう原因にもなるので、夏は頭をUVカット効果のある帽子などでガードするようにしましょう。頭皮を守ることも必要ですが、水分が少なくなりがちな毛先もしっかりとUVケアするようにしましょう。また、紫外線量の多い夏は髪をまとめて、帽子の中に入れてしまうなど工夫してみましょう。秋に髪の毛のハリやコシがなくなりがちな人は、特に夏の紫外線ケアに気をつかうように心がけてください。

髪形やスタイリング剤は、ハリやコシに影響しますか?

さほど気にすることのないポイントです。どちらかといえば、正しいシャンプーを心がけ、規則正しい生活を送ることの方は髪のハリやコシに影響があります。ただし、次のような場合、髪のハリやコシに影響が出ることがあります。まず、パーマ・カラーを同時にしている場合です。ヘアスタイルを維持するため、強い刺激のスタイリング剤を使っている人にも同じことがいえます。

がっちりとヘアスタイルをキープするタイプのスタイリング剤を使った時は、シャンプーの前に予洗いをして外出先で髪についた汚れをしっかりと落としておきましょう。スタイリング剤の過剰な油分は雑菌を繁殖させてしまう可能性があるので、頭皮をマッサージしながらスタイリング剤を洗い流すようにしてください。タオルドライする時も強い力でこするようにふいてしまうと、髪のキューティクルがはがれやすくなりますので、吸水性のよいタオルで、ぽんぽんと軽く押さえながら拭くようにしてください。

フケ・かゆみは、将来的に薄毛になるサインなのでしょうか?

角質が剥がれ落ちたものであるフケは、通常はあまり毛髪や頭皮に影響はないといわれています。しかし、フケの量が急激に増えたり、頭皮のかゆみを起こしたりしている場合は、要注意です。頭皮に湿疹ができている可能性も考えられるので、早めに皮膚科など、専門医にかかるようにしましょう。

頭皮の環境が悪化することは、毛母細胞にも影響を及ぼします。頭皮の炎症の原因を突き止め、早めに対応することで髪のハリやコシも戻ってくるでしょう。
頭皮のフケやかゆみは、スタイリング剤やシャンプーやリンスの洗い残しが原因ということもあります。頭皮を清潔にするためにも、しっかりと時間をかけて頭皮をマッサージしながらシャンプーするようにしましょう。シャンプーブラシなどを上手に活用すると、頭皮に残った余分な皮脂をきちんと洗い流すことができます。ほどよい力で、強い刺激にならないように注意するのがポイントです。

7,000円から始める女性のための薄毛治療
お得な情報
東京ビューティークリニック 大阪 心斎橋院 開院キャンペーン
頭皮検査実例の写真

無料で頭皮の健康状態を
Checkしませんか?

マイクロスコープ診断を予約する