1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の薄毛対策>
  3. より効果を望むなら、クリニックで処方される薄毛治療薬を!

女性の薄毛対策より効果を望むなら、クリニックで処方される薄毛治療薬を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販育毛剤と処方薬の違いは?

市販育毛剤と処方薬の違いは?

抜け毛や薄毛が気になり始めると、なんとかしたい!の気持ちで初めに手にするのは市販の育毛剤という方が多いのではないでしょうか。多くのメーカーから発売され、CMや薬店でも目にしますね。値段も種類もさまざまなものがあることが分かります。もちろん、確かな臨床データに基づいた医薬品ですので、一定の効果はあると考えてよいでしょう。

しかし一方で、クリニックなどの医療機関でもらえる処方薬というものもあります。風邪をひいたとき、市販されている風邪薬より病院からの処方薬のほうが効果を感じやすいことはありませんか。薄毛も確かな効果を望むなら、処方薬の方がよいとされているのです。それはなぜなのでしょう?

クリニックの処方薬がよい理由とは?

男女ともに薄毛には人それぞれの原因がるため、それに合った最適な治療方法を選択することが大切です。

その原因や症状を見極めてくれるのが、医療機関の医師であると言えるでしょう。

薄毛は、原因や症状の違いによって処方されるべき主成分が異なるため、よりその人の症状にアプローチした薬を処方することが可能です。

また体の内側からアプローチする内服薬は、医療機関の処方でしか手にできないという特徴もあります。いわば、自分専用に処方されるものと考えてもよいでしょう。

自己流でのケアや市販育毛剤の選択に不安がある方は、医師のアドバイスのもと、処方薬という選択も考えてみてはいかがですか?

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

自己責任の危険性を認識しましょう

自己責任の危険性を認識しましょう

保険が利かない頭髪の治療。そのため毎回の治療費を懸念し、処方薬と同じ成分を含むものを自己責任の下で、海外医薬品代行業者などから安価で購入するという選択をしている方が多くいるとのこと。しかし、それには副作用などの不安要素も存在します

効果や危険性を含めて自己責任のもとでの購入となるのでしょうが、危険があってからでは手遅れになりかねません。薄毛治療薬はある程度長期間服用することでの効果が期待するという特徴のため、危険を伴う恐れのあるものを長期間服用するのはさらにリスクが高まります

日本国内のクリニックで処方される薄毛治療薬を服用し続けることが、安心安全面でもおすすめだと言えるでしょう。

効果が高いとされる処方薬は?

多くの内服薬・外用薬がある中で、AGA(男性型脱毛症)に高い効果が期待できる処方薬として知られているのが「プロペシア」という内服薬です。

市販の育毛剤は、地肌を清潔で健康な状態に導く間接的なサポートをするのに対し、プロペシアは薄毛の進行を促す男性ホルモンを抑制する働きがあるとされています。また女性の薄毛対策薬には、世界初、効果と安全性が認められた「パントガール」があり、女性特有の薄毛に有効な栄養分を含有しています。

こうして見ると市販の育毛剤、医療機関の処方薬、それぞれに役割の違いがあるようです。より効果を望む場合には、薄毛の原因を明確にし医師の診断のもとで処方される処方薬がおすすめです。

この記事の監修医師

東京ビューティークリニック 統括診療部長麻生 泰(あそうとおる)医師

【資格】
医学博士(慶応義塾大学)
【所属学会】
日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
東京ビューティークリニック ドクター紹介

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の薄毛対策の記事一覧