1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の抜け毛の原因>
  3. 今日から見直したい!シャンプーケアで変わる抜け毛の量

女性の抜け毛の原因今日から見直したい!シャンプーケアで変わる抜け毛の量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近髪がペタッとなり、ボリュームがなくなってきたと感じる方。そんな時浴室の排水溝に溜まった抜け毛をみると…。「昨日も掃除したのにまたこんなに抜けている!」「私の髪は弱っているのでは?」「ちょっと抜けすぎではないか?」と不安になったことがある女性も多いのではないでしょうか?ここではそんなシャンプー時の抜け毛と対策にフォーカスを当ててみていきましょう。

シャンプー時の抜け毛の量

シャンプー時の抜け毛の量

シャンプーをしている時の抜け毛、気になりますよね。特に女性の場合の長い髪は抜けた時のボリュームもあり、不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

シャンプー時の抜け毛は洗っている最中に抜けたものだけではなく、日中に自然に抜け落ちたものが洗い流され目についているものもあります。そしてその量は30~60本ともいわれています。健康な人なら1日にトータル100本前後抜けるのは、正常範囲内とされています。

このような正常な髪の毛の生え変わりのサイクル内での抜け毛であれば問題ありませんが、いつもと違うかなり多い量の抜け毛(シャンプー時だけで100本以上)が続く場合は、少し気をつけて経過観察をしましょう。間違ったヘアケアや不健康な生活やストレスが原因で、薄毛を招いてしまっている可能性もあります。

シャンプー時の抜け毛対策

体質に合わないシャンプーやヘアスタイリング剤を使い続けていることが、頭皮や髪への負担になり抜け毛の原因なっていることもあります。まずは普段自分が使っているシャンプーから見直してみましょう。

シャンプーは石油系・石鹸系・高級アルコール系・アミノ酸系の4つに分類されます。この中で抜け毛防止に効果的とされているのはアミノ酸系シャンプーです。特徴は洗浄力がとてもマイルドで、頭皮や髪に負担をかけずに適度な皮脂を残しつつ洗うことができます。

シャンプーのボトルの成分表示は「ラウロイルグルタミン酸Na」「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」「ヤシ油脂肪酸」「グリシン」「サルコシン」などと表記されていますので、買う前にチェックしてみましょう。

アミノ酸系シャンプー以外は泡立ちも良く、汚れがしっかり取れているように感じ気持ちがいいのですが、同時に頭皮にとって大事な油分まで洗い流してしまっています。頭皮が乾燥することにより抜け毛を誘発させることにもなります。アミノ酸系シャンプーを使うことで、地肌への負担を減らし抜け毛を防ぎましょう。

知っていますか?抜け毛を防ぐ正しいシャンプー方法

こんな間違ったシャンプーをしていませんか?「爪でガリガリとひっかく」「1日に何回も髪を洗う」「38度以上の熱いお湯で洗う」、これらも毛穴の皮脂を必要以上に取り過ぎ、髪と頭皮にダメージを与えてしまうのでやめましょう。

髪と頭皮に優しい正しいシャンプーの仕方は、まずブラシなどでもつれを取ることです。こうすることでシャンプー中に指が引っかかることによる脱毛を防げます。そしてシャンプー前にたっぷりのお湯で1〜2分、少し長いかなと思うくらいしっかりとすすぎましょう。しっかり湯せんすることで、70〜80%の汚れが落ち、シャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプーは直接髪につけるのではなく、手のひらで伸ばしたのち何箇所かに分けて塗布します。その後泡だてながら指の腹で頭皮を優しくマッサージするように髪を洗っていきます。この時注意したいのは強く地肌こすり過ぎず、新しく生えてきた抜けやすい産毛に過度に刺激を与えないことです。

髪の短い方やベタつくヘアスタイリング剤をつけていない方は、1度のシャンプーで十分な場合もありますので、その時々により洗う回数を調節し洗い過ぎないようにしましょう。

シャンプー時の抜け毛と対策についてご紹介しました。必ずしもシャンプーが原因で抜け毛がおこっているわけではありませんが、毎日自分で行うヘアケアを見直すことで、気になっていた抜け毛を減らせるかもしれません。健康な頭皮をキープすることでいま生えている髪の毛も、これから生えてくる髪の毛もイキイキとするはずです。丈夫な髪の毛を生やして、薄毛を改善するためにも、今日から正しいシャンプーを行うよう心がけましょう。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の抜け毛の原因の記事一覧