女性の脱毛症とは?女性の「分け目」薄毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に老けて見える!分け目ハゲの進行とは?

「最近、なんだか髪のボリュームがなくなった気がする」このような人は要注意です。気づき難い分け目の薄毛は、放っておくと大変なことに!ここでは、分け目の薄毛が進行すると以下のような症状になります。

分け目の幅が広がってしまう
分け目から髪の毛がペタンとしてボリュームダウン、寂しく見える
分け目の地肌が異様に目立って見える

これでは実年齢よりもはるかに老けて見えてしまいますね。分け目の薄毛は女性がなりやすいハゲといわれています。年齢に関係なく女性の方は、日頃から気に掛けることが大切です。

女性の「分け目」薄毛の原因を知りましょう

女性の「分け目」薄毛の原因を知りましょう

以前は、薄毛というと男性がなるものだという見方が多かったのですが、近年では女性の10人に1人がなんらかの薄毛の悩みを抱えているとも言われています。

また、年齢により更年期を迎えた途端、急に抜け毛が多くなり、気がつけば、分け目がくっきりと目立つだけでなく、分け目が極端に薄い状態に進行し、これから薄毛が進んで、分け目が薄いどころか、ハゲてしまうのではないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

分け目が薄くなってきた…と、鏡を見るのも、人前に出るのも億劫になってしまう女性も実は多いのではないでしょうか?
女性の薄毛には、様々なタイプがありますが、分け目から徐々に拡がっていくタイプも存在します。何故分け目から薄くなっていくのか、その原因と解消法をご紹介します。

分け目の薄毛・原因1:更年期によるエストロゲンの減少

女性の更年期は45歳くらいから55歳くらいと言われています。女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類の女性ホルモンがあります。
2種類の女性ホルモンは、女性の生理周期を中心に、正常ならば約28日〜30日の周期でどちらかが優位になり、うまくバランスを取りながら女性らしい体を保つように働いてくれています。

しかし、何らかの影響で2種類の女性ホルモンの分泌量が減ると、女性の中に存在する男性ホルモンの分泌量の方が多くなり優位になることで、男性のような薄毛を発症しまうことがあります。 女性の薄毛にはいくつかの種類がありますが、頭頂部の分け目や前頭部の生え際が目立ってきたら、男性型脱毛症(AGA)と症状が似ていることもあり、男性ホルモンの影響による薄毛の可能性もあります。

また、更年期になると、エストロゲンの分泌量が大幅に減少していきます。エストロゲンは、肌や髪を美しく保つ作用がある女性ホルモン。
更年期にエストロゲンが少なくなると、髪にも影響を及ぼし、個人差はありますが、薄毛になることがあります。髪が細くなったり、1つの毛穴から生える髪の量が減ってボリュームがなくなるといった特徴が見られます。

分け目の薄毛・原因2:ストレスや生活習慣によるもの

ストレスや良くない生活習慣も、女性の薄毛の原因の一つと考えられています。ストレスにより自律神経のうちの緊張や活動モードの交感神経が常に優位に働くことで血流が悪くなり、髪に栄養を運びにくくなることで薄毛になるとも言われています。

代表的な良くない生活習慣としては、喫煙や飲酒、偏った食生活、睡眠不足や不規則な生活があげられます。睡眠中の午後10時から午前2時には、健康な髪を保つために必要な成長ホルモンが分泌されており、その時間帯にしっかり睡眠をとっていないと成長ホルモンの分泌が減って、髪が成長しにくくなります。

不規則な生活は、自律神経のバランスを乱し交感神経ばかりを働かせることになります。すると、頭皮は硬くなり、緊張モードが続くことによる血管収縮によって血流が悪くなることで髪に栄養が届きにくくなります。
髪に本来届くべき栄養が届かなくなると、髪が痩せたり成長が止まって新たに生えるのが難しくなるのです。

分け目ハゲの原因は「紫外線」

お肌の大敵である紫外線対策のために、年間を通して日焼け止めクリームなどを顔や体に塗っている女性は多くいますが、実はこの紫外線は顔などのお肌だけではなく、頭皮にも大きなダメージを与えています。

紫外線は頭皮の皮脂膜を酸化させたり、乾燥させたりして、炎症やかゆみを引き起こします。これだけでもかなりのダメージなのですが、これ以上に厄介なのが紫外線の中のUV-Aによる頭皮トラブルです。

頭皮は顔などのお肌と同じように、表皮と真皮に分かれています。UV-Aは頭皮の奥にある真皮まで浸透し、毛母細胞にダメージを与えてしまうのです。毛母細胞は髪の毛を作る役割を持つ細胞のこと、この細胞が損傷されると、髪の毛が抜けるだけではなく、髪の毛の生成に影響を及ぼし薄毛を引き起こすことも。

顔や体だけではなく、特に夏場の暑い季節は、頭の紫外線対策も心がける必要がありますね。

固定している分け目は薄毛の原因に!

髪の毛を結ぶ時やヘアピンでセットする時など、いつも同じ分け目にしていませんか?実は、常に髪の毛を固定していると分け目が薄くなってしまうことがあるのです。

同じ分け目でセットした方がシックリくると感じる人は多いと思いますが、常に同じ分け目で固定していると、その分け目は常に引っ張られた状態になり大きな負担がかかってしまいます。

負担がかかり続けた毛根は弱ってしまい、髪の毛を作る役割の毛母細胞の機能が低下、髪の毛が抜けた後も新しい髪の毛がなかなか生えてこなくなるのです。

毛根が弱り、髪の量も少なくなったのにも関わらず、同じように固定していると、一本の毛にかかる負担は一段と大きくなり、更に分け目ハゲが進行するという悪循環に繋がるのです。お気に入りの髪型もたまには変える必要があるかもしれませんね。

分け目ハゲの簡単予防にはジグザグ分けがおススメ

年齢に関係なく、日頃から分け目に気を付けることが大切。ただ、あまり手をかけられない、どうすればよいか分からないという方にオススメなのが簡単に予防できるジグザグ分けです。

髪の分け目をジグザグにすると分け目のラインの長さは真っすぐなラインと比べて長くなります。すると毛根にかかる負担も少なくなるため、分け目ハゲの予防になるのです。

また、分け目をジグザグにすると頭皮が見えにくくなり、根元がふんわりと立ち上がりボリュームもアップ、既に分け目の薄毛が気になるという人にもうれしい髪型ですね。

やり方は簡単、コームで生え際から左右ジグザグに頭頂部まで移動し髪を分けるだけです。コームがない人は自分の指でもできますので、外出先や宿泊先でも簡単にできますね。

毛根に栄養を!頭皮マッサージで分け目ハゲを改善

頭皮が凝り固まっている状態だと、せっかく摂った栄養は毛根まで行き届きません。そこでオススメなのが頭皮マッサージ。マッサージにより頭皮の血行を促進すると毛根まで栄養が届きやすくなり、髪の生成促進が期待できます。

頭皮全体のコリをほぐすには、オデコの上にある前頭部、耳の周辺にある側頭部、後頭部を中心にマッサージをしましょう。

揉む時は頭皮を傷つけないように爪を立てずに、指の腹で指圧するように押すようにしてください。マッサージは続けることでより効果が期待できるので、髪をシャンプーする時に行うなど習慣づけると良いでしょう。

ヘアケアの改善で分け目の薄毛対策を

ヘアケアの改善で分け目の薄毛対策を

ヘアケアや髪型によっても分け目の薄毛を進行させます。まずは自分で毎日行えるヘアケアから改善し分け目の薄毛対策を行いましょう。
忙しい毎日の中で生活習慣を見直すことは容易ではありませんが、自分の身体を守るよう心がける事から始めてみましょう。

1ドライヤーの熱は大敵
ドライヤーの熱が直接頭皮にあたると、皮膚にダメージを与え、抜け毛を促進してしまいます。ドライヤーは頭から20センチ以上は離して使いましょう。
2整髪料を頭皮に残さない
整髪料は正しく使用しないと逆に頭皮の毛穴を詰まらせ、毛髪の成長の妨げになります。整髪料を使用する場合は、整髪料の成分が頭皮に残らないようにして、丁寧に髪を洗い流すようにしましょう。
3同じ髪型・分け目にしない
いつも同じ分け目のヘアスタイルをしていると、分け目部分の頭皮に紫外線ダメージを与えたり、整髪料が残りやすい状況を作ってしまいます。また、髪を結んでいると、髪の重さや髪を引く強さによって、分け目に大きく負担がかかります。分け目の位置を変えたり、様々なヘアスタイルを心がけることで、分け目薄毛の進行を抑止することにつながります。

進行の度合いによっては、クリニックでカウンセリングを受け、自分の髪と頭皮の状態を確かめましょう。初期段階で毛髪専門のクリニックに相談すれば、オリジナルの育毛剤などを使って髪の成長を促し休止期が長くならないよう正常なサイクルに整える治療ができます。
様々な要因が複雑に絡み合っているのが女性の薄毛・抜け毛です。専門クリニックで素早く的確に原因を突き止めて、お一人おひとりに最適な治療をしていくことが、分け目の悩み解決への近道となります。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧