1. 女性の薄毛研究室~FAGA Lab~トップ>
  2. 女性の脱毛症とは?>
  3. 脱毛症の予防・対策(ダイエット・食生活・ヘアケア)について

女性の脱毛症とは?脱毛症の予防・対策(ダイエット・食生活・ヘアケア)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアケアによる予防と対策

ヘアケアによる予防と対策

毛穴に汚れや皮脂が詰まることは、抜け毛の原因となります。出来るだけ毛穴や髪の毛は清潔に保つようにしておきましょう。
シャンプーには、抜け毛のタイプや体質などに適した薬用シャンプーを選ぶと効果的です。また、すすぎ残しは頭皮に炎症を起こしやすくなるので、シャンプーを毛根に残さないように洗い流しましょう。
ドライヤーは頭皮や髪にダメージを与えないように、熱を当てすぎないように低温で完全に乾かさないように心がけましょう。
朝シャンが抜け毛に影響することもあります。寝起きは頭皮の毛穴が夜よりも開いているので、毛穴へのダメージを大きくします。
さらに、髪の毛が成長するのは夜の時間帯です。睡眠前に髪を洗わないということは、毛穴に皮脂が溜まったまま睡眠することになるので、髪の毛の回復や成長を妨げてしまいます。

ダイエットによる抜け毛を防ぐには

ダイエットによる抜け毛を防ぐには

女性の抜け毛はダイエットが引き起こしている場合も多いようです。ダイエットが脱毛の原因になる理由は、摂取する栄養を制限してしまうからです。また、ダイエット中は基礎代謝が低下し、頭皮の血行不良を起こしやすいです。
栄養素は血液によって運ばれているので、頭皮の血行不良が起こると抜け毛は増えます。健康的でバランスの良い栄養を意識しながらダイエットを行うことで、抜け毛や薄毛を防ぐことができます。ダイエットをやめても、毛根は1度弱ってしまうと正常に戻すのは難しくなります。髪を守りながらダイエットを行うには目標設定を無理のないものにすること!
一般的に1ヶ月で4キロ以上の減量は身体に負担がかかると言われています。無理をするほど身体は悲鳴を上げて、それがストレスや血行不良を引き起こし、脱毛につながってしまうのです。

食生活を見直して脱毛予防、改善へ

食生活を見直して脱毛予防、改善へ

脱毛症の改善には、食べ物からの栄養素にも気をつけ、バランスの良い食事を心がけることも大切です。身体と同じように髪も栄養を摂ることで健康な状態を保っています。
まず、髪に悪い食品は避けたほうが良いでしょう。代表的なものには、インスタント食品、ファーストフードなどの動物性脂肪が多く含まれる食品です。
脂肪分を多く摂りすぎてしまうと、頭皮に皮脂が溜まりやすくなります。皮脂がホコリやフケなどと混ざると細菌が繁殖し、頭皮の炎症や吹き出物、そして抜け毛を引き起こします。
脱毛症の改善には、タンパク質やビタミン、アミノ酸、亜鉛など髪の毛の代表的な栄養素を摂取することが大切です。脱毛症に効果的な食べ物でも、同じ物ばかり食べてしまえば悪影響になる可能性もありますので、食事の偏りに注意し、バランスよい食事を心がけましょう。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧