女性の脱毛症とは?薄毛治療と初期脱毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にもAGA(男性型脱毛症)は発症する

女性にもAGA(男性型脱毛症)は発症する

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれ、男性ホルモンが細胞へ侵入することが主な原因ですが、女性でもAGAのように薄毛は発症します。
女性の体内にも男性ホルモンは存在していて、髪の毛に影響を与える仕組みは同じです。女性ホルモンは髪を育てる働きをもっていますので、女性ホルモンの分泌が活発な人は、生え変わりのサイクルが長く、抜け毛の影響も少ないです。
女性ホルモンは加齢と共に減少し、その結果男性ホルモンの影響による薄毛が男性のAGAと同じく発症しやすくなります。加齢以外でもストレスや乱れた生活習慣なども女性ホルモン減少の原因になります。

薄毛治療と初期脱毛

脱毛症の治療をスタートした直後から1ヶ月あたりにかけて、抜け毛が増えることを「初期脱毛」と言います。
抜け毛が増えると不安になると思いますが、これは治療によって起こる副作用のひとつです。この初期脱毛は「薬の効果が出始めている」という証拠ですので、嘆かわしいことではありません。
初期脱毛で抜けていく髪の毛は、髪の生まれ変わりのサイクルの乱れによって生じた弱い髪の毛です。丈夫で健康な髪の毛に生え変わるための準備だと思ってください。これらが抜けた後には太くてしっかりとした髪の毛が生えてきます。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

髪の毛の生まれ変わる周期と初期脱毛の関係

髪の毛の生まれ変わる周期と初期脱毛の関係

髪の毛が生え変わるサイクルには、新しく生えた髪の毛が成長する「成長期」、成長が止まる「退行期」、髪の毛が抜けるまでの「休止期」の期間があります。この繰り返しで髪の毛は生え変わっていきますが、一番大切な成長期の期間が短くなってしまうと産毛のような細い髪の毛になります。
脱毛症を発症している場合、この成長期が十分でないため、成長する前に抜け落ちてしまいます。薄毛治療をスタートさせ、細胞が活発になると、古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出されるように抜けていきます。これが、初期脱毛と呼ばれている症状です。

初期脱毛の期間と、期間中に心がけること

初期脱毛の期間と、期間中に心がけること

治療を始めて1~2週間ほどから初期脱毛は始まり、1ヶ月ほどで治まるというのが一般的です。
初期脱毛の時期が落ち着けば健康な髪の毛が生えてくることが期待出来るので、自己判断で薬をやめたりしないようにしましょう。
初期脱毛の期間は、喫煙やストレス、偏った食事や睡眠不足など、頭皮の血行不良や栄養不足の状態を招く生活は避けましょう。せっかく治療をスタートしても頭皮の状態が悪ければ健康に髪は育ってくれません。治療の効果をしっかりと発揮させるために、生活習慣を整え、健やかな頭皮の環境づくりを心がけましょう。

Summaryまとめ
発毛治療には「初期脱毛」という副作用が発症する場合がありますが心配はありません。それは、下から新しい健康な髪が育ち、今生えている弱い髪が押し出され、ヘアサイクルが正常にまわり始めた証拠。また、約1ヶ月程で抜け毛もおさまるので、健康的な生活を心がけ治療を続けていきましょう。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧