女性の脱毛症とは?びまん性脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

びまん性脱毛症って何でしょう?

女性の「薄毛」のパターン

女性の脱毛症のひとつで、もっとも発症しやすいものと言われています。
「びまん」とは「一面に広がる」という意味で、男性のように部分的に脱毛が進むのではなく、頭皮全体が薄くなるのが特徴です。全体が徐々に薄くなっていき、気づいたときにはかなり進行しているケースもあります。「分け目が薄くなった…」と感じたら要注意。
ダイエットやストレス、不規則な生活といったことも原因となり、20代から発症する場合も少なくありません。原因がひとつではなく、複数が複雑に絡み合っていることが多いのも女性の薄毛が男性の薄毛と違うところです。閉経という節目に向かう40代後半以降の女性で、女性ホルモンが著しく減少する際に「FAGA(女性男性型脱毛症)」という、男性のように前頭部や頭頂部から薄毛が広がる脱毛症になる方もいて、年齢から起こる「びまん性脱毛症」の1つです。

びまん性脱毛症って何でしょう?

20代のうちから「びまん性脱毛症」を予防しましょう!

髪のお洒落も色々と楽しめ、様々なシャンプーやスタイリング剤が手軽に買えるようになったいま、女性の髪や頭皮はこれまでになかったダメージにさらされています。
また、西洋化した食生活も本来の日本人の体にフィットしたものではありません。子どもの頃から動物性脂質をたくさん摂る食生活を続けている若い世代は、上の世代よりも頭皮環境は良くないかもしれません。モデルのような体型への強い憧れと執着によって「食べない」という行為も、「びまん性脱毛症」の原因となります。気になる症状をそのままにするとどんどん進行します。
一度クリニックでカウンセリングを受けて、自分の髪と頭皮の状態を知ることが大切です。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

クリニックでの早期発見が髪再生の最短コースです。

女性としての充実期とも言える年代でも、同時に「びまん性脱毛症」の大きな原因のひとつストレスにさらされがちです。
しかも月の間で変化をし、避妊出産ではさらに劇的な変化をみせる女性ホルモンが関係するなど、様々な要因が複雑に絡み合っているのが女性の薄毛です。忙しいこの世代の女性は、専門クリニックを利用し、素早く的確に原因を突き止め、症状に合った治療をしていくことが、豊かな髪を取り戻す近道です。

クリニックでの早期発見が髪再生の最短コースです。

「びまん性脱毛症」には専門医の治療が最適です。

女性であれば誰でも閉経を迎えます。
加齢による女性ホルモンの減少によって起こる「びまん性脱毛症」は必然とも言えます。女性ホルモンの減少は体の内側で起こる生理現象であって、それを阻止することはできません。
ですから、自分で出来る対策も限られてきます。「できればウイッグなどに頼らずに、自分の髪で人目を気にすることなく楽しく豊かな時間を過ごしたい」
─── そう思われている方は、ぜひ毛髪専門のクリニックにご相談ください。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

びまん性脱毛症のよくある質問

Qカラーリング、パーマ… 何だか髪が細くぺたんこになった気がする…
A頭皮へのダメージや誤ったヘアケアは若い世代の「びまん性脱毛症」の原因となります。
カラーリングやパーマは、髪の構造を変えダメージを与えます。同様に、薬剤が頭皮についてダメージを与えることもあります。特に縮毛矯正とブリーチは髪と頭皮に負担が大きいので、髪のおしゃれは楽しみたいですが、なるべく頻度をおさえるように心がけましょう。
自分の髪や頭皮がどんな状態なのか知りたい場合は、クリニックでのカウンセリングをお勧めします。無理なダイエットや偏った食生活も「びまん性脱毛症」の原因です。
Q円形脱毛症にはなっていないけれど、管理職になってから抜け毛が気になる。
A仕事や子育てで忙しいひとが多いでしょう。家事と教育に追われ、職場では男性と同じように能力を求められる… 働いているお母さんは様々なストレスを背負っています。
実は、このストレスこそ「びまん性脱毛症」の大きな原因のひとつです。ストレスが引き起こす脱毛は、円形脱毛症だけではないのです。
忙しく時間が取れない方こそ、髪の専門クリニックに相談して、一日も早く治療を開始することが、髪の悩みという新たなストレスを回避する最善の方法でしょう。
Q年齢のせい? 分け目や全体的に髪が薄くなっているような気がしていて心配。
A髪は「初期成長期→成長期→退行期→休止期」を繰り返します。成長期は髪が生えて伸びていく時期で、男性はこの時期が短くなり、太く丈夫な髪になる前に抜け落ちてしまうことで薄毛を招きます。
女性の場合は、髪の成長が止まっていつ抜けてもおかしくない休止期が長くなることが大きな原因となります。抜ける髪に対して、生えてくる量が少ないので薄毛となるのです。
頭皮をマッサージして血行を良くするといったセルフケアしかできないのが現状。でも、毛髪専門のクリニックなら、オリジナルの育毛剤などを使って髪の成長を促し休止期が長くならないよう正常なサイクルに整える治療ができます。

薄毛・抜け毛でお悩みの方へ。まずはお気軽にご相談ください

0120-820-417
無料カウンセリング予約・相談
電話受付:9:00~21:00(年中無休)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい女性の脱毛症とは?の記事一覧